EMC 市民活動
shimin.ebetsu.org ・ shougai.ebetsu.org ・ bunka.ebetsu.org
school.ebetsu.org ・ sports.ebetsu.org ・ 市民活動.jp
 

江別市自治基本条例 より


第2章 市民
(定義)


第2条 この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 市民 市内に住所を有する者、市内で働き、若しくは学ぶ者又は市内で事業活動その他の活動を行う者若しくは団体をいう。

(2) 市長等 市長、教育委員会、選挙管理委員会、公平委員会、監査委員、農業委員会及び固定資産評価審査委員会をいう。

(3) 市 議会及び市長等をいう。

(4) まちづくり 暮らしやすく、魅力あるまちを実現するためのすべての公共的な活動をいう。

(5) 協働 市民及び市が、それぞれの役割及び責任を理解し、互いに尊重しながら協力して取り組むことをいう。
 

【解説】

(1)市民
ここでの「市民」は、江別市に住所がある人(外国人を含みます。)に限らず、江別市のまちづくりに関係が深いと考えられる市内で働く人や学校で学んでいる人、市内で事業所や店舗を設けて事業活動をしている法人や、自治会、NPO、ボランティア、市民活動団体などの団体も、広い意味で「市民」としています。

(2)市長等
「市長等」とは、市長と、市長から独立して専門的な立場に立って仕事を行う各執行機関(教育委員会、選挙管理委員会、公平委員会、監査委員、農業委員会及び固定資産評価審査委員会)をいいます。

(3)市
「市」とは、市の議決機関である市議会と、執行機関の代表である市長及び各4執行機関をいいます。

(4)まちづくり
この条例での「まちづくり」とは、建物や道路、水道などのように、いわゆるハードを整備することだけでなく、福祉や教育、環境など、市民が、心豊かで、暮らしやすく、魅力あるまちにするための地域社会における公共的な活動すべてを意味しています。

また、「公共的な活動」とは、行政が担うものだけではなく、市民の福祉や生活環境の向上などを目的として、自治会、市民活動団体などにより行われる地域活動や、ボランティア活動、社会貢献活動などを広く含むものです。

(5)協働
「協働」とは、市民と市が、お互いの立場と役割を理解しながら、地域社会の課題などを解決するために協力することをいいます。
 

// EMC // 教育 / 生涯学習 / 文化 / スポーツ // 市民活動 // 自治会 // 江別 //
情報館 閲覧回数: 本日  昨日  累計  頁 since 2001/09/01
情報館 訪問者数: 本日  昨日  累計  人 since 2015/02/12